見積りに気をつけろ

インターネットなどで、それぞれの探偵事務所の料金設定を比較して、料金の安いとことへ依頼する人は多いと思います。
同じ調査をしてもらうのですから、出来るなら安いところで調査をしてもらいたいと思うのは普通です。
特に探偵事務所の調査料金はどこも高額なので、その傾向は強いと思います。

しかし、ホームページ上で書かれている料金設定と見積りをしてもらったときの料金には注意しなくてはなりません。

何故なら、最終的に支払うことになる料金は契約書に記載された料金になるからです。

探偵を調査料金で選ぶときに、見積りを出してもらい、他の探偵事務所の料金と比較をして安いところにそのまま契約してしまうことがあります。
しかし、あくまで見積りで提示された料金は参考としての料金なので、実際に支払う料金と見積りの料金が違ったというトラブルが多数報告されています。

何故、見積り時の料金と最終的に支払う料金に違いが出てくるのか?それには2つの理由があると思います。
1つは調査が長引いてしまった、もしくは調査中にどうしても使う機材が増えたなどの調査の状況によって増える場合です。
そして2つ目は、悪質な業務をおこなう業者が態と安い料金を見積りのときに伝えて、後で高額な料金に変更し無理やり契約するといった場合です。

前者の場合では、事前に料金が増えてしまう事態になったときにどうするか取り決めを行い、依頼人の最良で防ぐことも出来ます。
しかし、後者の場合では、悪質な業者が依頼人を騙そうと思ってやっている行為なので、依頼人はそれを見極めるための方法と知識を持っておく必要があります。





(C) 愛知の探偵パーフェクトガイド